世田谷区 よくある質問と回答集
世田谷区によく寄せられる質問とその回答を検索できます。
単語で検索
文章で検索
この分類からQ&Aを検索
作成日時:2013/06/19 00:06:59 更新日時:2018/04/01 07:14:00
質問
276 妊娠しました。届出などは必要ですか。
回答
妊娠された方は、窓口で妊娠届を提出してください。母子健康手帳と妊婦健康診査の受診票などが入った母と子の保健バッグをお渡ししています。
各総合支所健康づくり課で妊娠期面接を受けた妊婦の方に、地域の産前・産後サービスが利用できる「せたがや子育て利用券」を赤ちゃん1人につき1セット(額面1万円)お渡ししています。


<提出書類等>
妊娠届

<届出窓口>
各総合支所健康づくり課(区内5ヶ所*妊娠届と同時に妊娠期面接が可能です。ご予約ください。)
世田谷保健所健康推進課(第2庁舎1階2番窓口)
各総合支所くみん窓口(区内5ヶ所)
出張所(二子玉川分室含む・区内5ヵ所)・まちづくりセンター(20ヶ所)
※土曜日(第3土曜日を除く)は、各総合支所くみん窓口及び太子堂出張所のみ受付


<届出人>
世田谷区に住民登録のある妊婦又はその家族
別世帯(住所)の場合は、委任状(妊婦が代理人に届出を委任したことを記入した書状)が必要です。

<届出方法>
窓口で妊娠届を記入してください。

<受付時間>
平日:8時30分~17時
土曜日(第3土曜日を除く):9時~17時
*各総合支所健康づくり課では年間5回の土曜面接日のみの受け付けです。

<休日>
第3土曜日、日曜日、祝日、年末年始(12月29日~1月3日)

<必要なもの>
①妊婦の個人番号カードまたは通知カード
②届出者の本人確認書類
③委任状(届出者が妊婦と別世帯の場合)
※医療機関の証明書や印鑑は必要ありません。ただし、診断を受けた医療機関名、医師名、妊娠週数等を記入していただきます。

<特記事項1>
母と子の保健バッグには、都内の委託医療機関で助成が受けられる、1.妊婦健康診査受診票(14回分)、2.妊婦超音波検査受診票、3.妊婦子宮頸がん検診受診票、4.産前・産後歯科健診受診票が入っています。
また、妊娠期から役立つ情報・ご案内として、5.母親(両親)学級のご案内、6.ぷれパパママ講座のご案内、7.お母さん、お父さんになるあなたへ(冊子)、8.せたがや子育て応援ブック、9.マタニティストラップが入っています。

<特記事項2>
その他、10.妊娠相談ホットライン、11.妊婦健診等費用助成のご案内、12.子育て応援とうきょうパスポート13.先天性代謝異常等検査のお知らせ、14.さんさんサポート、15.産後ケア事業、16.子育て応援アプリ、17.TOKYO子育て情報サービス、18.子ども家庭支援センター、19.小児救急電話相談、20.東京版救急受診ガイド、21.東京都こども医療ガイド、22.SIDS電話相談、23.妊産婦・乳幼児のための災害への備え、24.パパとママが描くみらい手帳などのご案内が封入されています。

<問い合わせ先>
世田谷保健所健康推進課 

<電話番号>
世田谷保健所健康推進課   03-5432-2446
世田谷総合支所健康づくり課 03-5432-2893
北沢総合支所健康づくり課   03-3323-1731 ※平成30年5月6日まで
                   03-6804-9355 ※平成30年5月7日から
玉川総合支所健康づくり課   03-3702-1948 
砧総合支所健康づくり課    03-3483-3161 
烏山総合支所健康づくり課   03-3308-8228

<関連リンク>
妊娠したら(妊娠届から出産まで)
http://www.city.setagaya.lg.jp/kurashi/103/127/444/d00145302.html
母子健康手帳と母と子の保健バッグについて
http://www.city.setagaya.lg.jp/kurashi/103/127/444/d00152055.html


このQ&Aを見た人は、他にこんなQ&Aも参照しています。

 前のページに戻る
 このページのトップへ